おいしいとうもろこしや甘いさつまいもをお探しなら

看板

           




TweetsWind

 

さつまいもの甘みを最大限に引き出すコツ

さつまいも

秋の味覚と言えばさつまいもです。寒い時期には、ホクホクで甘いさつまいもが食べたくなるもの。自宅でふかしている方もいらっしゃると思いますが、なかなか思うように甘みが引き出せないという方も多いのではないでしょうか。そこで、こちらでは家庭にある電子レンジやオーブントースターなどを使って、さつまいもの甘みを最大限に引き出すコツをご紹介いたします。

■ 蒸し器

蒸し器に水を入れて、しっかり洗ったさつまいもを中に入れます。水が沸騰するまでは強火で蒸し、沸騰をしたら弱火にして約20潤オ30分蒸していくのが甘みを引き出すためのコツです。途中20分くらいで一度竹串を刺して、確認することをおすすめします。すっと竹串が通った際には、蒸し芋は完成しています。竹串が通りにくいようでしたら、再び蒸してください。蒸した熱々のさつまいもは、強い甘みとホクホクとした食感が楽しめます。

■ 電子レンジ

電子レンジで加熱する前にまずは下処理をしましょう。さつまいもを洗って数カ所フォークなどで穴を開け、濡らした新聞紙とアルミホイルで包んでください。新聞紙やアルミホイルがなくても、キッチンペーパーやラップで代用することも出来ます。電子レンジによって異なりますが、約2潤オ3分ほど加熱し、その後に電子レンジの解凍機能を使うのがポイントです。なぜなら、解凍機能が、さつまいもの甘みを引き出す為に必要な温度である65度潤オ75度を保つことが出来るからです。この解凍機能を使って、約10分加熱をすることで、甘いさつまいもが出来上がります。

■ オーブントースター

オーブントースターで焼く際にも、電子レンジと同じように下処理を行います。数カ所に穴を開け、新聞紙やアルミホイルなどで包んでください。オーブンで焼いた時に、まれにさつまいもが破裂してしまう場合がありますが、下処理でしっかりと穴を開けておくことで破裂を防ぐことが出来ます。

そして、新聞紙やアルミホイルなどで包む前に塩水などに浸しておくと、さつまいもの甘みを引き出すことが出来ます。さつまいもは低温で時間をかけることで甘みが増しますので、160度のオーブンで約60潤オ90分焼きましょう。じっくりと時間をかけて焼き上げれば、甘みを最大限に引き出したおいしいさつまいもの出来上がりです。

このように家庭にあるものを使って、簡単に甘いさつまいもを食べることが出来ます。上記以外にも炊飯器やグリルでも甘みのあるさつまいもに仕上がりますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。もともと糖度が高い種類のさつまいもを使えば、より甘いさつまいもを味わうことが出来ます。

さつまいもを通販でお取り寄せするなら

トミーファームでは、スイーツのような甘みが魅力のさつまいも「シルクスイート」を通販しています。シルクスイートは名前の通り、絹のような滑らかな舌触りが特徴です。通常のさつまいもに比べて1.9パーセントも糖度が高いので、口に入れた瞬間の甘みをぜひご堪能ください。さつまいもだけではなく、トマトやとうもろこしといった新鮮野菜も販売しています。全国からお取り寄せ可能な通販で購入出来ますので、たくさんの方のご利用をお待ちしております。

株式会社Dts creation とうもろこしなど野菜の通販 概要

会社名 株式会社Dts creation
所在地 〒377-1308 群馬県吾妻郡長野原町大津1380−39
電話番号 027-230-1766
FAX 027-230-1769
メールアドレス info@tommy-farm.com
ショップ名 若手イケメン風、農家の店 六合村トミーファーム
URL http://tommy-farm.com/
業務内容 野菜の通販
説明 株式会社Dts creationが運営している野菜の通販サイト『若手イケメン風、農家の店 六合村トミーファーム』では、高原の真珠と言われる白いとうもろこし「雪の妖精」や満天青空レストランに出演した甘いとうもろこし「ミルフィーユ」、糖度の高いさつまいも「シルクスイート」などおいしい野菜を全国にお届けしております。
コラム

ページトップへ